toggle
未経験歓迎! バレエに役立つ情報満載
2021-05-07

肌寒い時のバレエレッスンにお役立ちグッズは?(おとな編)

バレエ レッグウォーマー 寒さ対策
Flamingo Images/Adobe stock.com

冬はもちろん、春や秋など少し肌寒い時期は急に動くと筋肉を痛めてしまう可能性がありますよね。バレエに適した、動きやすくて暖かいサポートグッズを選びたいところです。

アームカバー

バレエのウォームアップの定番とも言えるアームカバー。脱ぎ着が簡単なので、身体が暖まったらすぐに脱いだり、少し冷えたらさっと羽織ったりと手軽に着られるのが嬉しいですね。着用するとレオタードと一体化するのでお腹も隠れず、レッスンの際にしっかりとお腹周りを意識できます。また、バレエ用のアームカバーは、毛玉になりにくい素材を使用するなどレッスンを通して着ていてもヘタレにくいのも特徴です。色の展開も多いのでバレエのレオタードとのアレンジも楽しめます。寒色系なら寒色同士、暖色系なら男色同士など同系色で綺麗めにまとめるのがおすすめです。

バレエ用長袖ニット

かなり寒い日にはバレエ用の長袖ニットを。バレエのレッスン用に作られているニットは、伸縮性も高く、意識するべきデコルテのラインが開いているものが多いです。普段着のニットはウエスト周りや腕周りがもたついてしまったり、激しい動きですぐ毛玉になってしまうので、バレエ用のニットを選ぶと長持ちします。バレエ用ニットは長めに作られているものも多く、おとなになると気になりがちな、腰のラインなどを程よくカバーしつつ、動きやすい作りになっているのも嬉しいところです。

中綿ベスト

腕の動かしやすさと暖かさでは1番のバレエ用ベスト。最初のストレッチからバーレッスンまで着用していればかなりポカポカです。冬におすすめのウォームトップスですね。                

足からの冷えも防止!下半身の寒さ対策は?

バレエ用オールインワン

体をすっぽり包んでくれるバレエ用オールインワン。自分の体温でオールインワンの中の空気が暖まるので、しっかりと暖かいです。足首のゴムシャーリングがあるので、暖まってきたら高さを自由に調整して、膝下までアップすることもできます。

バレエ用ロングパンツ

本当に寒い日にはストレッチで温まるまで履いておきたいバレエ用ロングパンツ。裾がギャザーになっているものであれば、脚のポジションも比較的確認しやすいです。このタイプは、このままレッスンまで行けるので楽ちん。持っておいて損はありません。

レッグウォーマー

一番手軽に足を温められるのがレッグウォーマー。長めのものであれば太ももまでカバーしてくれます。バレエブランドのものは、しっかりフィットするものが多いので、信頼できるメーカーを選ぶことをおすすめします。

バレエレッスンの寒さ対策まとめ

寒さ対策やウォーミングアップのグッズを紹介しましたが、いかがでしたか?暖かさの感じ方は人それぞれなので、合うものを探してみてくださいね。

バレエのマストアイテムをチェック!

レオタード、バレエシューズ、タイツ、そして寒さ対策グッズは習い事のバレエのマストアイテムです。購入前にどんなものがあるかしっかりチェックしてくださいね!

バレエに必要なレオタード+αはどんなものを選ぶべき?(おとな編)
レオタード(おとな編)
バレエシューズ選び
バレエシューズ
タイツ形色おとな
バレエタイツ(おとな編)
関連記事