toggle
未経験歓迎! バレエに役立つ情報満載
2021-02-26

バレエ団- Royal Swedish Ballet(スウェーデン/スウェーデン王立バレエ団)

スウェーデン王立バレエ団ロゴ

スウェーデン王立バレエ団は1773年に設立された、世界で4番目に古いバレエ団です。スウェーデンで絶対王政を復活させたグスタフ3世国王によって、オペラと演劇、バレエという文化的プロジェクトが推進されたことが始まりだそうです。グスタフ3世自身が脚本家、演出家、俳優として活躍していたことも背景の一つにありそうです。1792年に国王が暗殺されるという大事件があり、一時バレエ史から姿を消してしまいます。19世紀には常に新しいバレエが創作されはじめていたのですが、一時衰退しオペラに従属していました。バレエ団として独立した形が戻ってきたのは、1913年のこと。スウェーデンオペラハウスは、1898年に100年近く行われなかった大改装が行われ、現在では建物自体が芸術作品となっています。
日本ではなかなか馴染みのない北欧の国、スウェーデンですが長い歴史と伝統を紡ぐ素晴らしいバレエ団です。日本人バレエダンサーの木田真理子さんは、「ジュリエットとロミオ」という作品のジュリエット役で2014年にブノワ賞を獲得しました。

スウェーデン王立バレエ団 レパートリー

プティパ=イワーノフ版に基づく、豊かなマイムによる説得力のあるストーリーが展開されるピーター・ライト振付の「白鳥の湖」をDVD化。主演のヌードヴィスト、ヌードストレムは若く美しいカップルで息の合った演技を披露する。

ロメオとジュリエットの死を引き起こしたのは社会や家族の構造だという解釈を展開するマッツ・エック氏の演出。ウェーデン・ロイヤル・バレエ団に所属する木田真理子がジュリエット役を務めた。

E.T.Aホフマンの原作を世界的に有名な振付師、マリウス・プティパがアレンジした古典バレエ作品。ジンジャー・クッキーが動き出し、スノーマンやネズミたちも踊り出す。バレエファンのみならず、子供から大人まで楽しめるバラエティに富んだ内容。

写真をクリックするとDVD紹介画面へ

「眠れる森の美女」
「くるみ割り人形」
「ジゼル」
「放蕩息子」
「ラフィーユマルガルデ」
他、多数

スウェーデン王立バレエ団 情報

バレエ団スウェーデン王立バレエ団
所在地

ストックホルム・スウェーデン

HPRoyal Swedish Ballet
instagramroyalswedishballet
関連記事